美容・暮しのHearth

脂肪の話

TOP 脂肪の話
TOP 脂肪の話
善玉・悪玉脂肪
トランス脂肪酸
トランス脂肪酸を避けるには
α-リノレン酸の効能
コレステロール
脂肪酸成分表


脂肪酸関連資料
国立情報学研究所
米食品医薬品局
文部科学省

脂肪酸は食品のバロメーター

普段カロリーや脂肪のことなどに注意していても、意外に忘れ去られがちなのが植物油や加工食品のなかの脂肪酸です。「バターは高カロリーだから普段はマーガリンにしている」とか、「過食しないようにしているので、あとはサプリメントで補っている」など、一見健康的に見えるのですが脂肪酸のことを考慮すると、もう少し見直す必要があります。

例えば、ラードなど動物性脂肪は高カロリーで、過剰な摂取は健康に良くないということは一般的に良く知られていますが、同様に植物性油の中でも、それに似た働きのものが多くあります。また、サプリメントは健康の代名詞のようなものですが、いくつかの中には血中コレステロール値を上昇させたり、心臓病のリスクを上げたりするものもあります。

これらに共通しているものは脂肪酸です。過剰に摂りすぎると人体に良くない影響を与える脂肪酸が動物性食品、植物性食品を問わず含有されている場合があります。ではそれはどのような脂肪酸なのでしょうか。

植物性、動物性を問わず、脂肪分には多くの脂肪酸が含まれています。大別してみると、それらは飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸(1価不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸)に分けられます。動物性脂肪の多くは飽和脂肪酸で、常温では固体化しています。

飽和脂肪酸
一般に飽和脂肪酸は血中LDLコレステロール値(悪玉コレステロール)を上昇させ、血中HDLコレステロール値(善玉コレステロール)を下降させる働きがあります。

不飽和脂肪酸(1価不飽和脂肪酸・多価不飽和脂肪酸)
一方、不飽和脂肪酸は常温で液体化しており、魚類や植物系脂肪に多く含まれ、血中LDLコレステロール値を下げ、血中HDLコレステロール値を上げる働きがあります。もちろん植物油のなかにも飽和脂肪酸は含まれますが、不飽和脂肪酸を含んでいることによって飽和脂肪酸に起因する害を防ぐ働きがあります。しかしながら、植物性脂肪でもココナッツ油やパームカーネル油などは飽和脂肪酸を多く含んでいるという例外もあります。

トランス脂肪酸
また、不飽和脂肪酸のなかでも、飽和脂肪酸と同じもしくはそれ以上に危険だと言われているトランス脂肪酸というものもあります。これは主に人工的に作り出された脂肪酸で、精製された植物油にも多く含有され、現在、欧米各国では問題視され、それの含有を規制する動きが出ています。

肥満や成人病の問題が叫ばれるなか、私たちの食生活において脂肪酸摂取の量やバランスはひとつのバロメーターとして捕らえておく事ができます。


自然派化粧品の通販はハースへ 美容・暮しのHearth | 〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢1-11-2 | TEL: 0466-62-7730(月〜金AM9:00〜PM5:00)
FAX: 0466-27-3208 | E-mail: info@heart-and-earth.com | 会社案内 | サイトマップ | ©Hearth2007 All rights reserved.